© 2018 by あいち食べる通信

 
tabe.png

あいち食べる通信とは

あいち食べる通信は、愛知県内の一次産業農家さんや生産者の方々の想いやこだわり、情熱や夢をクローズアップした地域情報誌です。そして、彼らの想いが詰まった生産品がセットになってご自宅に届きます。

単なる情報誌でもなく、グルメ食材の通販でもありません。

読者様専用サイトを通じて、農家さんや生産者の方々に直接『ありがとう!』『ごちそうさま!』を伝える体感マガジンです。

 

あいち食べる通信の目標は、分断された生産者さんと消費者さんをつなぐこと。私たちが地元に誇りと責任を持てること。愛知県の食と農の課題をみんなで考えられる環境を作ること。

そして、もっともっと愛知県を好きになることです。

読んで、知って、作って、食べて、伝えて、つながる!を皆様と一緒に体感したいのです。

 

あいち食べる通信は、食べたら終わりではありません。

定期的に開催される私たちのイベントに来てください。生産者さんの農場も見に来て下さい。

よろしければ畑や田んぼにお手伝いにも来てください。

誌面で知っている、あるいはSNSでつながっている生産者の方々が、皆様を快く迎えて下さいます。

いわば「あいち食べる通信」は、生産者さんと皆様との「絆パスポート」となるのです。

 

Vol.

2020年.月 夏号

配送予定:6月下旬

moushikomi.png

◉中部・北陸・関西地区への送料は、一律900円(税込み)となります。

 その他の地域への送料は、送料一覧をご参照ください。

sou.png

Vol.6   (6月・夏号)から購読できる、お申し込み締め切りは「6/7(日)」まで

back.png

2020年6月 夏号

6刊目6月 夏号の特集は、

あいち在来種保存会代表世話人

「高木幹夫さん」が選ぶ

【あいち伝統野菜セレクト】

 

いま、「在来種」というその地域で古くから育てられていた野菜が「伝統野菜」の名で注目されています。「京野菜」や「江戸野菜」、「加賀野菜」などがそれです。

かつては野菜を収穫したらその種子を農家自らが採り使うことは日常的な営みであり、その地道な営みが「在来種」の存続を支えていました。

時代を経るにつれリスクが少なく低コストで生産できる輸入種子の購入が一般化しますが「伝統野菜」もその例外ではない現実があります。

高木さんはそこに危機感を覚え地元生産者たちと協働で「種から国産」の伝統野菜を増やす活動をされています。

次回6月号は、他地域にも負けない魅力いっぱいの愛知伝統野菜を高木さんの活動とともに紹介します。

 

お届け食材は、あいち在来種保存会代表世話人「高木幹夫さん」が選ぶ「あいち伝統野菜セレクト」!

あいちの最高の野菜たちが食卓を彩ります!

 

 

 

ご不明な点などございましたら、こちらのメールフォームから

お気軽にお問い合わせください。

toiawase.png
moushikomi.png